【初恋の悪魔】第二話ネタバレ感想!星砂は多重人格?本当の姿とは!?

2022年7月16日に新ドラマ『初恋の悪魔』第1話が放送され、「さすが坂元裕二作品!」と絶賛声があがっています!

それぞれキャラ濃い4人が、第2話ではどのような事件を解決していくのか楽しみです!

また、第1話で多重人格疑惑が浮上した松岡茉優さん演じる・摘木星砂の本当の姿とは一体なんなのか!?

ネタバレ感想と共に、考察してみたいと思います!

▼初回は2週間無料でお試し!▼

Hulu<フールー>

【初恋の悪魔】第二話ネタバレ!

悠日(仲野太賀)は、恋人の結季(山谷花純)と結婚式の相談をする。結季は、結婚後は悠日が仕事を辞めて主夫として家庭に入ってほしいと望んでいた。「結季ちゃんと結婚できるなんて、人生最高だよ」と、悠日は自分を身分不相応の相手と自認していて、結季に従うつもりだった。

悠日は、鈴之介(林遣都)に結婚することを告げる。鈴之介は動揺を隠せず、恋愛に関する偏った持論を悠日に語る。悠日は、鈴之介が星砂(松岡茉優)に恋しているのではないかと指摘。すると鈴之介は、星砂に殺意を抱いているのだと言い出す。

そんな中、刑事課では団地で起こった殺人事件の捜査が進んでいた。被害者は、かつて人気だった芸人の夕紀夫(内藤トモヤ)で、弟の日出夫(六角精児)とコンビを組んで紙切り芸を持ちネタにしていた。夕紀夫は、団地内の廊下で胸にハサミを突き立てられて死亡。団地の住人たちは助けを求める夕紀夫の叫び声を聞いていたが、犯人らしき人物を見たという目撃者は誰もいなかった。

手がかりを見つけるため、渚(佐久間由衣)がたった一人で団地の監視カメラの映像をチェックしていた。彼女は何日も家に帰っていないようで、琉夏(柄本佑)は心配でならない。

鈴之介、悠日、星砂、琉夏の自宅捜査会議が始まる。

自らがハサミコレクターである鈴之介は凶器がハサミであることに大興奮。芸でハサミを使っている日出夫が犯人だと主張する。そんな短絡的な推理を全否定する琉夏と喧嘩となる。第一日出夫には完璧なアリバイがあるのだった。

謎は深まる一方の捜査会議から帰る途中、悠日は婚約者の結季が別の男性と一緒にいるところを見てしまう…。

引用:『初恋の悪魔』公式サイト

第1話ネタバレはこちらから!

【初恋の悪魔】第二話感想!

2022年7月23日に新ドラマ『初恋の悪魔』第2話が放送され、平均視聴率は3.9%となりました!

視聴率は第1話よりさらに下がってしまいました。

視聴率の低さにはビックリでしたが、第1話に引き続きキャスト陣のクセは強いものの、第2話は涙ありの展開で見応えたっぷりでした!

まず、悠日と彼女・結季の関係性にビックリ!

悠日は結季に対して、自分は身分不相応の相手だと思っていることから結季の言いなりとなっています。

悠日に浮気現場を見られたのにも関わらず、独特な結婚感を伝えている辺り、相当なクセ強めオンナですね!

結季が主夫を希望しているこことから、結婚後は警察を退職し主夫になるつもりだということで退職願を記入していました。

そこに琉夏が登場し、他の男と浮気していることを知ってて結婚する悠日に、「本当に幸せなのか?」と執拗に聞き退職願を一時預かる優しさは素敵でしたね!

一方、鈴之介の星砂への感情は殺意を抱いているなどと言い出し、相変わらず恋だと認めないようです。

いつになったら恋だと認めるのでしょうか。

そして、第2話での1番の見どころは、悠日と殉職した兄・朝陽との関係性がわかったことでした!

悠日と朝陽は子供の頃は仲がよかったようですが、優秀な警察官となった朝陽に警察学校を途中で辞めてしまった悠日は強いコンプレックスを抱いていました。

そのわだかまりから、朝陽からの電話にずっと出ていなかったのです。

悠日の留守電には「相談にのってほしい」「こないだ言ったこと忘れてくれ。元気でな」と、残されれていました。

電話に出なかったことに対してずっと後悔してきた様子の悠日。

そんな悠日に話しを聞いていた星砂は、「話したいことがある時は電話に出な。」と伝えながらスマホを差し出し、悠日は留守電に吹き込まれていた朝陽と話しをします。

思い出話しいながらも涙しながら話す悠日のシーンには、涙する人も多かったのではないでしょうか!

仲野大賀さんの演技力について視聴者からは絶賛の声があがっていました!

電話が終わり、悠日は星砂に「もしかして兄のことを知っていた?」と聞きますが、「わかんね」とはぐらかします。

この時、明らかに様子がおかしかったです!

そして翌日、悠日は朝陽が死亡した現場には朝陽のスマホがなかったことに気づきます。

雪松によると誰かが持ち去ったのではないかということです。

そして、第2話ラストのシーンでは、朝陽のものだと思われるスマホが星砂の部屋にある描写が描かれていました!

やっぱり星砂は朝陽と何らかの関係性があるのだと思われます!

星砂については謎が深まるばかりですね!

【初恋の悪魔】星砂の本当の姿とは!?

松岡茉優さん演じる・摘木星砂には不審な点が見られ話題となっています!

そう思われたのがラストシーンでした!

第1話ラストシーンで星砂は無くしていた財布を警察署で受け取ると、財布を忘れたお店で購入したハイブランドのハイヒールも渡されました。

星砂は驚きながらも「私が買ったと店の人が言ったんですか?」と聞き返し、「やっぱり買いました」と持ち帰ります。

自宅に着き、散らかった部屋にあるクローゼットを開けると中にはブランド品のハイヒールがずらりと並んでいたのです

そして、「いい加減にしてくれよ。ヘビ女」と、謎のせりふを吐いて紙袋をクローゼットに投げ入れて第1話は終了。

また、新ドラマ『初恋の悪魔』の相関図では、服装はいつもスカジャンスタイルで言葉使いも乱暴でぶっきらぼう。

しかし、“実はそれは本当の姿ではなく・・・。”と紹介されています!

引用:https://www.ntv.co.jp/hatsukoinoakuma/chart/

だとすると、刑事として見せている姿が星砂の本当の姿ではないということなのでしょうか!?

星砂の本当の姿について、ネット上では「買い物依存症」「多重人格」ではないかという声があがっています!

星砂の多重人格疑惑が浮上する理由は第1話ラストシーンからだけではなく、他にも2つの理由が考えられます!

①メイク

1つ目はメイクです!

星砂はガサツでぶっきらぼう、スカジャンスタイルという服装ではあるものの、メイクはしっかりとしています!

厚めのファンデに、ガッツリアイラインに濃いめのシャドウ、リップカラーも濃いめですよね!

もしかすると、多重人格である心の現れを表現しているのかもしれません。

②小洗杏月との関係

2つ目は元監察医・小洗杏月と星砂の関係性です!

2人は小洗が監察医をしていた頃からの知り合いのようですが、なにかと星砂のことを気に掛けているということ。

引用:https://www.ntv.co.jp/hatsukoinoakuma/chart/

もしかすると、医師である小洗は星砂の多重人格や本当の姿について知っている人物なのかもしれません。

または、星砂から相談されている可能性もあるのかもしれませんね。

星砂の本当の姿とは、メイクも濃いめできっちりとしたハイブランドのハイヒールを履きこなす女性ということなのでしょうか。

また、星砂は書類倉庫で『持ち出し禁止』の箱を取ろうとしていたように見えました。

さらには、鈴之介が星砂に恋をした様子から、タイトル『初恋の悪魔』の回収は『星砂=別人格を持った悪魔』だということではないかとも考察されています!

凶悪犯に目がない鈴之介は恋する気持ちと同時に、今は気づいていないものの凶悪犯だと感じ取っていたのかもしれません。

今後の星砂に目が離せませんね!

まとめ

以上、新ドラマ『初恋の悪魔』第2話ネタバレ感想と、星砂の本当の姿について考察してみました!

全員クセが強いキャスト陣ではありますが、その中でもとくに星砂は重要人物となるのかもしれません!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

新ドラマ『初恋の悪魔』を視聴するならこちらから!

▼初回は2週間無料でお試し!▼

Hulu<フールー>

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA