最愛考察!犯人が梨央の弟説はミスリード!?犯人じゃない理由を徹底検証!

2021年10月15日に新ドラマ『最愛』の第1話が放送されました!

放送終了後には、「誰が犯人なのか!?」とネット上では考察で大盛り上がりとなっています!

そこで、事件の犯人は梨央の弟・優ではないかとの考察もあるようですが、ミスリードだとも言われています!

今回は、犯人が弟説だと言うのはミスリードなのか!?犯人ではない理由を徹底検証してみました!

最愛考察!犯人は梨央の弟説はミスリード!?

新ドラマ『最愛』の犯人は梨央の弟だというのはミスリードなのでしょうか!?

第1話終了後の考察をまとめてみました!

最初の事件が起きたのは、15年前の2006年。

梨央の父親・達雄が外出中の夜、白山大学陸上部男子寮に長嶋の友人でたびたび寮に遊びに来る渡辺康介が訪れます。

康介は寮に残っていた梨央に目を付け、梨央が飲んでいたスープに薬を入れて梨央を襲います。

寮の食堂にいた梨央は、気が付くと自宅の布団で弟・優と一緒に寝ていたのでした。

その時、梨央の手首には複数の傷がついていることに気がつきます。

そして、泥だらけにになった達雄が帰宅し、梨央に「ごめんな。もうちょっと早く帰っていれば」と伝えるも、梨央はその時のことを何も覚えていませんでした。

その後、息子がいなくなったと渡辺康介の父・昭が登場。

事件当時、康介と一緒にいた白山大学陸上部員たちは自分たちが薬をやっていたことをバレたくないのか、何か隠している様子。

捜索するも康介は見つからない中、達雄がくも膜下出血で急死してしまいます。

達雄の遺影の写真を探すため、達雄の部屋に入った梨央は血の付いたタオルを発見し、事件当時の記憶が少し蘇ります。

また、優の携帯も無くなっていたことが分かります。

その後梨央は、将来の夢を実現するため、優を祖母に託して東京の大学へと進学。

15年後、康介の遺体、父・昭の遺体も発見され、康介の遺留品の中には梨央のものであった合格祈願のメモがあり、殺人事件の重要参考人となります。

上記のことから、15年前に康介を殺した犯人は、梨央、父親・達雄、弟・優ではないかと考察されています!

梨央

現時点では、梨央は康介に襲われた時の記憶がありませんが、手首には無数の傷があったことは事実です。

そして、康介に襲われそうになったことは梨央自身も薄々気づいています。

梨央からすると達雄の言葉も引っかかることから、達雄が梨央が康介に襲われているところを発見し、康介を殺したと思い込んでいるのかもしれません。

ですが、記憶が完全に戻った時、実は梨央自身が殺していたのではないかと考察されています!

梨央が康介を殺して、その遺体を父親が埋めたというのも考えられますね。

15年前の犯人が梨央であれば、15年後の康介の父・昭の殺害についても梨央が行ったのでしょうか。

父・達雄

達雄が康介を殺した犯人だとすれば、梨央が襲われているところに遭遇し、殺してしまい山の中に遺体を埋めたということになるかと思います。

また、死因はくも膜下出血だとされていますが、自殺や他殺説も出ているようです!

他殺だとすれば、全く違った人物が犯人の可能性が高くなりますね!

弟・優

1番の犯人候補にあがっているのが弟の優です!

優は梨央が目を話した隙に公園の遊具から落ちて頭を強く打ち、頭部損傷により興奮すると記憶の一部を無くしてしまったり、暴力的になるところがあります。

優が梨央が襲われているところを発見し、興奮状態に陥ったことで殺したのではないかと考察されています!

また、優は現代の相関図には登場していません。

その変わりに、高橋文哉さん演じる情報屋が登場しています。

その情報屋が優ではないかとも考察されています!

優と情報屋の顔がよく似ていて、さらにはホクロの位置まで一緒だと特定されています!

優が情報屋だという可能性は大いにありそうです!

だとすれば、父・昭も優が殺してしまったのでしょうか!?

最愛の犯人が梨央の弟ではない理由

新ドラマ『最愛』の犯人が梨央の弟・優ではないかという声が多くあがっている中、ミスリードではないかという声も多々あります!

犯人が弟・優ではないであろう3つの理由をご紹介します!

①優が1人で殺せるのか!?

1つ目の理由は、優が1人で渡辺康介を殺すことができるのかどうかということです!

梨央が渡辺に襲われているところを目撃した優が、興奮状態に陥り、暴力的な部分が現れたとしても、小学生の優が大人の男の人を1人で殺すことができるのでしょうか!?

いくら暴力的だとしてもさすがに1人で殺すのは無理があるのではないかと思われます!

優の携帯電話が無くなっていることから、優が事件現場に出くわした可能性は高いでしょう。

ですが、渡辺を殺したのは優とは違う別の誰かなのではないでしょうか!

②黒幕説

2つ目の理由は、梨央のことや優を裏で操るような黒幕がいるのではないかということです!

誰もが怪しく見えてしまいますが、その中でも1番の権力者でもある梨央の母親・梓が怪しいと黒幕説が浮上しています!

おそらく、『真田ホールディングス』には何か裏があるのは間違いなさそうです。

また、専務の後藤に雇われている情報屋の正体は優だと考察されていますが、後藤に協力していると見せかけて、実は梓のもと動いている可能性もあるかもしれません。

③シナリオが簡単過ぎる

3つ目の理由は、第1話での考察通りであればシナリオが簡単過ぎるということです!

第1話だけのストーリーを見れば、怪しい人物として、梨央、父・達雄、弟・優があげられています。

中でも、優の犯人説がたくさん考察されていますが、本当に優が犯人であれば誰もが予想した通りの展開となります。

ドラマ『最愛』は、脚本は奥寺佐渡子さんと清水友佳子さん、プロデューサーは新井順子さん、演出は塚原あゆ子さんが手掛ける完全オリジナルストーリーです。

脚本の奥寺佐渡子さんと清水友佳子さんと言えば、『夜行観覧車』『リバース』『わたし、定時で帰ります。』など代表作があります。

そして、プロデューサーの新井順子さんと演出の塚原あゆ子さんと言えば、『夜行観覧車』『Nのために』『リバース』『アンナチュラル』などの代表作を担当されています。

どれもサスペンス要素の入った話題作です!

そんなメンバーが手掛けた完全オリジナルストーリーが簡単なシナリオにはなり得ないと思われます!

そういったことから、考察されやすい優が犯人説だというのはミスリードの可能性が高いのではないでしょうか!

▲初回登録は2週間無料▲

最愛の犯人は梨央の弟!?ネットの声は?

新ドラマ『最愛』の犯人は梨央の弟なのか!?ネットの声をご紹介します!

「犯人は弟説」と、「犯人が弟というのはミスリード」と、どちらの声もあがっていました!

まだまだ真相はわかりませんね!

まとめ

以上、 新ドラマ『最愛』の犯人は弟説だと言うのはミスリードなのか!?

犯人ではない理由を徹底検証してみました!

ドラマ『最愛』のスタッフを見ると、簡単な考察では終わらないように思いますね!

犯人は弟説だと言うのは、ミスリードの可能性が高いかもしれませんね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

▲初回登録は2週間無料▲

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA