最愛の犯人が加瀬ではない理由を発見?!加瀬と梨央の関係や加瀬が梨央の家族を助ける理由を調査

2021年10月29日にドラマ『最愛』の第3話が放送されました!

梨央の元に、脅迫メールを送った男がやってきてナイフを突きつける瞬間に加瀬が梨央を助けます!

視聴者からは「かっこよすぎ!」「胸キュン」と話題になっていました!

そんなカッコイイ加瀬ですが、犯人ではないかとの考察も多く上がっているようです!

そこで、ドラマ『最愛』の犯人が加瀬なのか!?

また、加瀬と梨央の関係や加瀬が梨央の家族を助ける理由を調査してみました!

最愛の犯人が加瀬ではない理由

ドラマ『最愛』の犯人は、加瀬が怪しいといった考察が多くされています!

確かに、加瀬にも怪しい点はいくつかありますが本当に加瀬が犯人なのでしょうか!?

調べていくうちに、加瀬の他にもう1人怪しい人物が浮上しました!

その人物は、岡山天音さん演じる大輝の後輩で富山県警の刑事・藤井隼人です!

藤井は15年前の事件当時、白山大学2年生で陸上部に所属し大輝の後輩でした。

15年後の現在は富山県警の刑事となり、殺人事件の捜査をする大輝を手助けしている人物です。

藤井については怪しい点が3つありました!

①優の事件動画には続きがあった!?

第2話で優の携帯の動画から事件の真相が判明しました!

動画は、優が渡辺康介を刺してしまったことで渡辺は死んでしまったのではないかというような内容でした。

ですが、優がペグで刺したのは右の下腹部辺りのようでしたが、15年後に白骨化遺体で見つかった時には、腸骨に何かで刺されたような傷があるとのことでした。

これには、渡辺にトドメを刺した犯人がいるのではないかと考察されています!

そして、渡辺のトドメを刺したのは藤井だと考察されています!

藤井は梨央に好意を抱いていたような場面があり、密かに片思いをしていたのかもしれません。

好きな梨央が襲われている場面に遭遇し、助ける為に刺してしまった可能性もありそうです。

②梨央の父・達雄は他殺!?

梨央の父・達雄は15年前の事件が起きた数日後に、くも膜下出血で突然この世を去っています。

達雄は椅子にもたれかかったまま亡くなっていました。

陸上部員が心配し達雄に駆け寄ろうとした時に、藤井は急に「動かすな!!」と叫んでいます。

この言動はとても怪しく、達雄がすでに死んでいることを知っていたからではないか、殺したのは藤井ではないかと考察されています!

また、達雄を殺した理由については、渡辺のトドメを刺したのは藤井で、そこに達雄は遭遇してしまい事件の真相を隠すために殺したのではないかということです!

加瀬は梨央の母・梓の指示で梨央の様子を度々見に行っていたようですが、タイミングよく梨央が襲われるところを目撃し渡辺にトドメを刺すというようなことがあるのでしょうか。

また、達雄の他殺説が濃厚の中、達雄が死ぬと梨央が悲しむことは分かっているはずなので、達雄の死については加瀬が関わっている可能性は低いように思います。

③15年後、梨央に罪を被せようとする犯人の登場

15年後の現在、渡辺康介の父・昭も殺されました。

その昭殺しの罪を梨央に被せようとする犯人が登場しました。

加瀬が梨央に罪を被せようとするわけがありません。

また、第3話では梨央を見る赤いバッチを付けた謎の人物が登場しました!

大輝たちとは違い、顔は映っておらず、赤いバッチのところだけが映っています。

この赤いバッチはもしかすると富山県警のバッチなのかもしれません。

やはり、警官となり梨央を見張っているのでしょうか。

ドラマ『最愛』の公式HPでは、藤井のことを殺人事件と梨央との間で苦悩する大輝にとって、心を許して話せる唯一の存在。と記載しています。

この唯一の存在が裏切り者となってしまうのでしょうか。

これらのことから、加瀬が犯人ではない理由にもなるのではないでしょうか!

加瀬と梨央の関係は?加瀬は梨央が好き?

あらゆる手段を使って梨央をフォローし守っている加瀬ですが、身の危険にさらされても梨央を守るというのは普通の弁護士では考えられない行動です。

梨央のことが好き!?梨央の兄!?父親!?などと言った考察もされていますが、本当のところ、加瀬と梨央はどのような関係なのでしょうか!?

2021年10月29日に投稿されたドラマ『最愛』の公式Twitterで、「東大卒業後、真田グループに入社してから仕事一筋。ずっと梨央を支えてくれた、真田ファミリーの一員です」とキャラクターの背景を明らかにしていました!

加瀬は、幼い頃に両親を亡くしています。

そして梨央も早くに父親を亡くしました。

梨央は岐阜県から東京に上京しています。

梨央が上京してきた時にも何かとサポートしていて、梨央も心強かったと思います。

もしかすると加瀬も上京して来たのかもしれません。

加瀬の過去についてはまだ謎ですが、梓さんに拾われて家族が出来たとも言っていました。

そして、加瀬も東大卒業後、真田グループに入社してから仕事一筋で、梨央も優のためを思った新薬の開発のために仕事一筋で生きてきました。

こういったことから、加瀬と梨央は境遇が似ているように思います。

加瀬が梨央に近付く大輝に嫉妬しているように見えたり、梨央のことをなんとしても守っている姿は、時に梨央に好意があるのでは!?とも思ってしまいますが、加瀬が梨央に対する思いは恋愛ではないように思います!

おそらく、兄妹のような関係性ではないでしょうか!

ドラマ『最愛』第3話冒頭の加瀬のモノローグでは、「人に見返りを求めてはいけない、求めなければ、誰かを憎むこともさげすむこともない。それが生きていく上で一番大事なことだ。そう教えてくれた父と母は早くにこの世を去った」とありました。

梨央を守ることは加瀬としては当然のことであって、梨央からは何も見返りを求めていないということかと思います。

なので、加瀬は梨央のことが好きで大事な存在ではありますが、それは恋愛感情ではないのだと思われます!

加瀬が梨央の家族を助ける本当の理由

加瀬が梨央の家族を助ける本当の理由とは何なのでしょうか!?

公式サイトでは、加瀬は「幼い頃に両親を亡くしながらも、東大法学部を首席で卒業した努力の人」と記載されています。

また、加瀬は「梓さんに拾われて家族が出来た」「社会人になって真田家の一員となった」と言っていました。

おそらく、両親を早くに亡くした加瀬と梓がなんらかの形で出会い、梓が東大法学部の学費などを負担し、大学を卒業し社会人となった加瀬を家族の一員として迎えたのではないでしょうか!

そういった過去があり、梓や真田家に恩義があるから助けるのではないかと思われます! 

最愛考察!ネットの声は?

ドラマ『最愛』の考察についてネットの声をまとめました!

ネット上では加瀬と藤井の犯人説が多く考察されていました!

考察通り2人のどちらかが犯人なのでしょうか!?

加瀬が犯人だとしたら、悲しむファンが多そうですね!

まとめ

以上、ドラマ『最愛』の犯人が加瀬ではない理由や、加瀬と梨央の関係、加瀬が梨央の家族を助ける理由について徹底調査しました!

怪しい人物として浮上している藤井隼人は犯人なのでしょうか!?

加瀬と梨央の関係についても様々な考察があったので、かなり気になるところですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA