【元彼の遺言状】黒幕犯人はアノ人!?原作と結末が違うってホント!?

2022年4月11日から新ドラマ『元彼の遺言状』がスタートしました!

ドラマ終了後には早速、考察が繰り広げられているようです!

そこで、黒幕の犯人は誰なのか!?

また、ドラマ版『元彼の遺言状』は原作と結末が違うというのも本当なのか調査してみました!

▲初回登録は2週間無料でお試し▲

フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム】*SEO用

元彼の遺言状の黒幕犯人はアノ人!?

麗子の元彼・森川栄治には、巨額の遺産があり「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」という奇妙な遺言状を残し亡くなりました。

栄治の大学の先輩で軽井沢の別荘の管理人でもある篠田敬太郎は、栄治の元カノ・麗子に連絡し遺言状の詳細を伝え、巨額の遺産に心が揺れ動いた麗子は「私があなたを殺人犯にしてあげる」と約束します。

栄治の死因は風邪をこじらせての病死と診断されていましたが、栄治の遺言書が無くなった上に森川家の顧問弁護士・村山権太が毒殺されてしまい、栄治も誰にかに殺された可能性が浮上!

森川家の面々も怪しい人物だらけですが、その中でも黒幕の犯人ではないかと考察されているのが大泉洋さん演じる篠田敬太郎です!

引用:https://www.fujitv.co.jp/motokare/introduction/index.html

麗子が一定の信頼をおき相棒となる篠田ですが、実は篠田は謎多き人物でもあり怪しい点がいくつかあるようです!

篠田の怪しい点についてまとめてみました!

①原作と設定が違う

1つ目の怪しい点は、篠田は原作とは設定が大きく違うキャラクターとなっていることです!

原作では名前は『篠田』と名字しかわからず、麗子の大学時代のゼミの先輩で今回の事件の依頼人です。

森川家とは家族ぐるみの付き合いがあるとされています。

一方でドラマ版では、麗子の大学のミステリーサークルの先輩で今回の事件の依頼人。

そして、栄治が暮らす軽井沢の別荘の管理人であり、麗子と行動を共にする相棒と変更されています。

今回の事件の依頼人というのは同じですが、相棒に変更されたのは大きな意味があるように思ってしまいますね!

②本当にミステリーサークルの先輩?

2つ目の怪しい点は、篠田は本当にミステリーサークルの先輩なのかということです!

栄治にとっては大学時代のミステリーサークルの先輩で、サークルで麗子とも会ったことがあるとのことでしたが、麗子はまったく覚えていませんでした。

証拠となる写真も控えめに少し写っているだけだったので、怪しいようにも感じました。

ですが、大学時代の先輩でなければ栄治との接点は生まれなかったのではないかと思うので、本当に先輩で麗子が単に覚えていなかっただけなのかもしれません。

③篠田の過去を知っているのは栄治だけ

3つ目の怪しい点は、篠田の過去を知っているのは栄治だけということです!

篠田は栄治が突然森川家に連れてきて、最初はみんな驚いたものの篠田の作る手料理を食べたらみんなが納得し何も言う人はいなかったといことでした。

なので、おそらく篠田についてよく知っていた人物は栄治だけで、森川家の住人は篠田についてあまりよく分かっていないと思われます。

昔からミステリー小説が大好きで、ミステリー作家を目指しているとのことですが、ミステリー好きという点も気になるところです!

④篠田を別荘の管理人に抜擢した理由は?

4つ目の怪しい点は、篠田が軽井沢の別荘の管理人に抜擢されたことです!

栄治が篠田を連れてきたということで、栄治が軽井沢の別荘の管理人に篠田を抜擢したのですが、別荘ですので基本的には人目につくことはありません。

どうやら、人目のつかない栄治の別荘に篠田が身を置く理由は何か他にもあるそうです!

身を隠さなければならない事情が何かあるのでしょうか。

⑤篠田にだけ遺産相続がなかった

5つ目の怪しい点は、篠田にだけ遺産相続がなかったということです!

元カノや殺人犯には遺産を相続させるのに、身近にいた篠田には遺産相続はありませんでした。

これはなんらかの伏線となるのでしょうか。

栄治の兄・富治からはポトラッチの話しが飛び出しました。

「与えることは奪うこと」遺産を贈ることが復讐だと言うのであれば、「何も与えないことは何も奪わないこと」ということなのでしょうか。

遺産相続のなかった篠田は、栄治にとって篠田だけは信頼しできる人物だったということなのでしょうか。

元彼の遺言状は原作とドラマで結末が違うってホント!?

『元彼の遺言状』は原作とドラマで結末が違うというのはホントのようです!

原作者である新川帆立さんが、大泉洋さんキャスティングを予想していなかったことや、脚本を読んでいないこと、ドラマ版の内容を知らないということを明かしていまいした!

まず、新川さんは大泉洋さんの出演は予測されていなかったそうです!

「大泉洋さんは予測していなかったし、綾瀬さんというだけでも豪華なのに、そこにまた主役級の大泉さんもとなると本当に豪華。ちょっとフジテレビ側の本気が伝わってきますよね」と“強力なキャスト陣”に目を見張る。

引用:2022年4月11日 MAN TAN WEB

さらには脚本も読んでいないそうで、自由に作ってもらいたいという意志で制作陣に委ねたそうです。

この時点で、やはり篠田のキャラクターは原作とは大いに違っているということが分かります!

さらには、本筋と関わる部分で話しの内容が違うところもあるとのことです!

その変わった部分については新川帆立さん自身も知らないそうです。

本筋に関わる部分で話の内容が違うところもあるようで、それでも実は私は脚本を読んでないんです。つまりどう変わったかが分からないんですね。それは、脚本を読んでしまうと出来不出来とは関係なく口出しをしてしまうから。クリエイターには私の原作を自由に使ってもらい、純粋に作っていただくことで、一番作品が良くなると感じているんです。

引用:2022年4月11日 マイナビニュース

ドラマにはオリジナルエピソードや、2022年4月8日に発売された新刊『剣持麗子のワンナイト推理』の要素も盛り込まれる予定だそうです。

公式でも「原作と違うエンディングを迎える本作」とあるので、間違いなく原作とドラマで結末が違うといのは本当です!

原作のエンディングを知っている人でも、ドラマはまた違ったストーリーで楽しめるのではないでしょうか!

まとめ

以上、黒幕の犯人は誰なのか!?

ドラマ版『元彼の遺言状』は原作と結末が違うって本当なのか調査しまとめてみました!

現時点での黒幕予想は大泉洋さん演じる篠田が多いようです!

原作とドラマとでは結末が違っているのは本当のようですね!

今後の展開が楽しみです!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

▲初回登録は2週間無料でお試し▲

フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム】*SEO用
カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA