【競争の番人】第三話ネタバレ感想!閉じ込められた理由!白熊はデートに行ける!?

2022年7月25日に新ドラマ『競争の番人』第3話が放送されます!

第2話ラストでは小勝負と白熊が閉じ込められてしまうというまさかの展開に!

2人はなぜ閉じ込められてしまったのか、そして、その夜彼氏の大森とデートの約束をしている白熊は無事に行けるのでしょうか!?

ネタバレ感想とともに閉じ込められた理由についてまとめてみました!

FODで無料で視聴する>>

【競争の番人】第三話ネタバレ

引用:https://www.fujitv.co.jp/kyosonobannin/story/index.html

第3話あらすじ

小勝負勉(坂口健太郎)、白熊楓(杏)たちダイロクメンバーは、『ホテル天沢』の元ホテル長、長澤俊哉(濱津隆之)の協力を得て、天沢雲海(山本耕史)の留守を狙い納入業者イジメの調査に入る。併せてウエディングカルテルの資料も集めようとするが、雲海が戻ってしまい追求出来なかった。そんな中、長澤にカルテルの資料の保管場所が分かったと言われ小勝負と白熊は、資料が保管されている倉庫に案内される。しかしそれは雲海の罠で、小勝負と白熊はそのままホテルの書庫に監禁されてしまう。

小勝負は不法侵入したと雲海が警察に突き出すつもりだと分析。一方、大森徹也(黒羽麻璃央)とデートの約束をしていた白熊は弱そうな壁を見つけ、壁を蹴って穴を空けることに成功。しかしそこはトイレと給湯室があるだけで外には出られなかった。そんな中、小勝負は書類の中に過去の宿泊台帳と顧客カードを見つける。そこには、ウエディングカルテルだけでなく、過去に摘発されたカルテルの当事者たちが同じ部屋を利用した記録があった。建設会社の談合で自ら命を絶った、豊島浩平(長谷川朝晴)の名もある。

翌朝、小勝負と白熊は警備員に発見された。雲海はワイドショーに出演して公取の違法調査だと息巻く。そんな時、石田正樹(武田航平)と七瀬(野村麻純)が公取に来た。天沢グループから抜ける決意を固めたという夫婦は、小勝負たちに雲海と『温泉郷・絆』の政岡一郎(春海四方)が会合する日を教える。雲海たちは納入業者を使って打ち合わせの日を連絡し合っていたのだ。ダイロクは決定的なカルテルの証拠をつかもうと動き出す。

引用:『競争の番人』公式サイト

第2話のネタバレはこちらから!

【競争の番人】第三話感想

新ドラマ『競争の番人』第3話視聴率は9.4%と前回よりも少し下がってしまいました。

第3話でやっと、ウエディングカルテル問題が解決しました!

最後にタピオカまでにも八つ当たりしていた雲海の往生際の悪さにはビックリでしたね!

第3話まで引っ張るのは長かったと思っていた人も多かったようです。

雲海の罠によって監禁されてしまった小勝負と白熊。

なんとか脱出を試みようと、一部突き破れそうな壁を見つけ蹴りを入れて破壊します。

満足気な白熊の顔が可愛かったですが、やっぱり小勝負に怒られてしまいましたね。

そんな中、小勝負が過去の宿泊台帳と顧客カードを見つけ、カルテルの密談場所を判明!

宿泊台帳と顧客カードを持ち出すと窃盗になるため、持ち出せません。

持ち出すことのできない資料の中身を小勝負は超能力のような記憶力で丸暗記していたのです!

実際にこのような記憶力を持った人っているのでしょうか。

そのおかげで、ダイイチからダイロクまでの公正取引委員会の全員が協力し、雲海の不正を暴くため動き出します。

証拠となる安藤の録音データを元に、一斉に各所立ち入り検査をするころなどはとてもかっこよかったです!

また、安藤を刺したのは亡くなった豊島の娘さんだったのですね。

雲海に促されてしまったということでしたが、高校生を促すなんて雲海は本当にどうしようもない悪です!

最後に白熊に投げ飛ばされて清々しましたね!

そして藤堂が登場!小勝負と藤堂の関係性を本庄は知っているようでした。

2人の関係性が気になるところです!

第1話から第3話を通して、公正取引委員会の仕事について色々学べたように思います。

公正取引委員会について興味を持った人も多いのではないでしょうか!

次回は第2章ということで、白熊が刑事時代に取り逃がしてしまった強盗犯との因縁の対決となるようです!

【競争の番人】閉じ込められた理由は?

第2話のラストで『ホテル天沢』の元ホテル長・長澤俊哉にカルテルの資料の保管場所が分かったと知らされた小勝負と白熊は、資料が保管されている古い倉庫へと案内されます。

倉庫に入る前にはスマホなどの電子機器類は持ち込まないようにと促され、全て扉の横のボックスへと置くように指示されます。

この時点でなんか怪しいと感じた人も多いハズ。

言われるがままに小勝負と白熊は通信機器を全て出してから倉庫の中へと入りました。

ですが、長澤は一向に入ろうとせず、「ごめんなさい」と言って扉の鍵を締めてしまいます!

小勝負と白熊はそのままホテルの書庫に監禁されてしまうという衝撃的な展開となってしまったのです

やっぱり!という気もしますが、これは雲海による罠だったのです!

おそらく、第2話で雲海が長澤に「お前かー!」と激怒していたシーンがありました。

その時に「協力してくれたらホテル長に戻してやる」などと何か吹き込んだのでしょう。

そして、娘のことを思い長澤は雲海に協力せざるを得なかったのではないでしょうか!

長澤の立場も可哀想ですが、せっかく戦う気持ちになっていたのに裏切られてしまうとは小勝負や白熊もショックですね。

監禁されてしまった2人。

その日の夜、白熊は彼氏の大森とイタリアデートの約束をしていたのに行けるのでしょうか!?

翌朝になり警備員に発見されたということなので、残念ながらイタリアデートには行けなかったということですね。

連絡が取れない間、大森はどのように感じていたのでしょうか。

大森はダイロクで働く白熊をあまり良くは思っていないようでした。

今回の件でさらに2人の間には溝ができ、白熊は大森に振られてしまう可能性があるかもしれません。

そして、小勝負となんて展開も考えられるのではないでしょうか!

まとめ

以上、新ドラマ『競争の番人』第3話ネタバレ感想、閉じ込められた理由についてもまとめてご紹介しました!

小勝負と白熊が閉じ込められた理由は、雲海の仕業であり、雲海が元ホテル長・長澤に何か吹き込んだからなのでしょう!

残念ながら白熊はデートには行けないようです!

今後彼氏とはうまくいかないという展開になるのではないかと考えます!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

新ドラマ『競争の番人』の見逃し配信はこちらから! 

▲初回登録は2週間無料でお試し▲

フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム】*SEO用
カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA