【初恋の悪魔】第5話ネタバレ感想!雪松署長が恐怖!階段から落ちたのはわざとだった!?

2022年8月13日にドラマ『初恋の悪魔』第5話が放送されます!

第2章がスタートということで、第5話では鈴之介がこれまで誰にも語ったことのない過去について明らかとなるようです!

また、第4話で階段から落ちたものの第5話予告では何もなかったように登場している雪松署長については、わざと階段から落ちたのではないかという声が浮上しています!

そこで、ドラマ『初恋の悪魔』第5話ネタバレ感想とともに、雪松署長についても考察してみました!

▼初回は2週間無料でお試し!▼

Hulu<フールー>

【初恋の悪魔】第5話ネタバレ!

引用:https://www.ntv.co.jp/hatsukoinoakuma/story/

第5話あらすじ

鈴之介(林遣都)は森園(安田顕)とともに、廊下の突き当りにあった開かずの扉を開く。そこには地下に続く階段があり、更にその先には地下室があった。薄気味の悪いその地下室は明らかに誰かが監禁されていた痕跡があり、更に驚く二人。そんな隙、森園は地下室の扉を突然閉め、鈴之介だけを地下室に閉じ込めてしまうのだった。

一方、悠日(仲野太賀)は兄の朝陽(毎熊克哉)が残したスマホのロックを解除し、朝陽の死の謎を解きたいと星砂(松岡茉優)に言う。星砂は“もうひとりの自分”が朝陽の死に関わっている証拠が出てくるかもしれないと不安を抱く。

閉じ込められている鈴之介は、森園から過去に起きたある殺人事件について聞かされる。5年前、15歳の少年が行方不明となり、まもなく遺体で発見された。犯人は逮捕されたものの、森園は真犯人が他にいると考えていた。そしてこんな奇妙な家に住む鈴之介こそが、その真犯人ではないかと疑ったのだった。鈴之介は、「ここは僕の家に違いないが、僕の家ではない」と告げるが、森園は「意味が分からない」と取り合わない。

そのころ、渚(佐久間由衣)は、捜査に行き詰ったとき、いつも解決のヒントが書かれた手紙が届くことを琉夏(柄本佑)に打ち明ける。さらに渚は手紙の主が鈴之介ではないかと思っていると、頬を緩ませながら語るのだった。密かに渚に心を寄せる琉夏は複雑な心境に。

一方、鈴之介は森園に、この家に住むこととなった経緯を語り始める。この家は椿静枝(山口果林)という老いた女性から譲り受けたのだった。椿との出会い、それは鈴之介がこれまで誰にも語ったことのない、今の鈴之介を形成する壮大なストーリーがあったのだ。

そのころ、しばらく音信不通になっている鈴之介を心配した悠日と星砂そして琉夏は、鈴之介の家を訪ねてくる。地下室の存在など知る由もない3人は、鈴之介の部屋から椿の書いたとみられる手記を発見し———。

第4話ネタバレ感想はこちらから!

【初恋の悪魔】第5話感想!

引用:https://www.ntv.co.jp/hatsukoinoakuma/story/

2022年8月13日に放送されたドラマ『初恋の悪魔』第5話の平均視聴率は5.2%となっています!

第5話では鈴之介の過去が判明し、感動とラストには衝撃的な展開となりました!

4人でカラオケに行き、『CHE.R.RY』を熱唱するシーンは話題となっています!

森園によって地下室へ閉じ込められたことにより鈴之介のこれまでの過程が明らかとなりました。

小学生の頃、人間嫌いで周りから変人扱いされたことで現在の鈴之介が誕生したこと、この家に住んでいた椿静枝と出会い、「自分らしくしていれば、いつかきっと未来の自分が褒めてくれる」という静枝からの言葉をもらいます。

そして、自分らしくしていたことで静枝の気持ちを変えることができ、4人の友情も完全体となりました!

鈴之介がトイレに行って泣いているシーン、4人でカラオケに行き「CHE.R.RY」を熱唱しているシーンは感動的でしたね!

一緒に歌っていた人も多かったのではないでしょうか!

一方で、螺旋階段から落ちた雪松署長は不死身のようで何事もなかったかのようにご飯を食べていて一安心でしたが、行動が謎過ぎてやっぱり不気味です。

突然、車に乗せて悠日と星砂を朝陽の事故現場へと連れて行き、事故当時の様子を聞かせる。

そして、朝陽のスマホを悠日が持っているのを知っているかのような、わざとらしい演技でスマホを悠日から奪おうとしているようにも感じました。

こうしてスマホを差し出した時、星砂がまさかのスマホを奪って逃走!

その後、別の人格『ヘビ女』となった星砂と鈴之介が出会うというまさかの展開となりました!

やはり、星砂は雪松署長のことを良く思っていないような雰囲気で、屋上の時には凄く睨み敵対心を丸出しにしていたように思います。

第6話では完全に星砂の性格がヘビ女になり、三角関係となる波乱の展開に!

星砂、朝陽の死、森園についても弁護士だったなどと、まだまだ謎が深まるばかりです!

【初恋の悪魔】雪松署長が恐怖!階段から落ちたのはわざと?

引用:https://www.ntv.co.jp/hatsukoinoakuma/story/

常に私服は半袖短パンの雪松署長。

突然、悠日の家にやって来るのも圧力が半端なく恐怖でしかありませんが、第4話のラストではさらなる雪松署長の恐怖な一面が話題となりました!

第4話のラストで悠日の家から星砂が帰ろうとしたところに、ちょうど雪松署長が現れます。

帰ろうとする星砂の手を突然掴み、星砂が何度も「痛い」と言ってもずっと手を離しませんでした。

引用:https://www.ntv.co.jp/hatsukoinoakuma/story/

星砂に掴んでいる手を悠日が星砂から離そうと揉み合っているところで、マンションの螺線階段滑りから落ちていまいます!

地面にうつ伏せの状態で倒れたままで第4話が終了したので、雪松署長はどうなったのか!?と心配した人も多かったと思いますが、第5話予告では何事もなかったかのように登場していたのでとりあえずは無事のようです!

階段から落ちたのにはビックリしましたが、雪松署長が階段から落ちたのはわざとだったのではないかと考察されています!

雪松署長の一連の行動から、いくつかの謎が浮上しました!

  1. なぜ雪松署長は悠日の家へ突然押しかけたのか
  2. 2度目に押しかけたのは悠日の家に星砂がいたことに気づいていたからなのか
  3. 星砂は雪松署長に手を掴まれた瞬間、別の人格=ヘビ女に変わった!?
  4. 雪松署長がわざと階段から落ちる意味は!?

雪松署長が悠日の家にアポ無しで来たのは、第3話のラストシーンで別の人格になった星砂を介抱する悠日を見たことがきっかけだったのでしょうか。

そしてその時、クローゼットの中に星砂が隠れていたことに気づき、再度アポ無しで訪問し星砂と鉢合わせしたという展開のように思われます!

雪松署長に手を掴まれた星砂は、いつもの星砂ではなくすごくか弱い女性のように感じられました。

雪松署長に触れらた瞬間別の人格に変わったのだとすると、星砂の別人格は雪松署長のことを怖がっているのかもしれません。

最後に螺線階段からわざと落ちたのには、傷害事件にするためや悠日の兄・朝陽が事故で亡くなった時と同じシチュエーションを再現していたのではなどと考察されています!

いずれにせよ、雪松署長・朝陽・星砂の別人格の3人は何らかの関係があるということなのでしょう!

まとめ

以上、ドラマ『初恋の悪魔』第5話ネタバレ感想や雪松署長が階段から落ちたのはわざとだったのかを考察してみました!

鈴之介の過去に引き続き、雪松署長についても明かされる日が近々来るのではないでしょうか!

楽しみにしていたいと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ドラマ『初恋の悪魔』の見逃し配信はこちらから!

▼初回は2週間無料でお試し!▼

Hulu<フールー>
カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA