【競争の番人】第6話ネタバレ感想!怒涛の後半戦!藤堂と本庄の関係性とは!?

2022年8月15日放送の第6話からは怒涛の後半戦がスタートします!

いよいよ小勝負の過去と繋がる展開となりそうで、ますます楽しみです!

第5話では、小勝負の過去のキーパーソンとなる藤堂や本庄について気になるシーンがありました!

そこで、ドラマ『競争の番人』第6話のネタバレ感想とともに、藤堂と本庄審査長の関係性について調査してみました!

FODで無料で視聴する>>

【競争の番人】第6話ネタバレ!

引用:https://www.fujitv.co.jp/kyosonobannin/story/index.html

第6話あらすじ

白熊楓(杏)は桃園千代子(小池栄子)の聴取を見学。見事な聴取に感心する白熊に、桃園は小勝負勉(坂口健太郎)は教えてくれないのかと聞く。教わったことは何もないと答える白熊。二人が第六審査に戻ると、小勝負は風見慎一(大倉孝二)、六角洸介(加藤清史郎)と押収した証拠品を身につけて遊んでいるように見える。小勝負は着てみたらいろいろわかるかもしれないと言う。そんな時、新たな調査案件が舞い込んだ。

今回の調査案件は大手呉服店『赤羽屋』による私的独占。事業者が他の事業者の参入を妨害、排除するなどして市場の競争を制限する行為だ。妨害を図っているのは『赤羽屋』の社長、赤羽千尋(真飛聖)で、情報を提供したのは呉服店『ファイブシーズン』の社長、井出香澄(萩原みのり)。メンバーに説明する風見はいつも以上にピリピリしている。本庄聡子審査長(寺島しのぶ)が出張のため、留守を任されていた。

小勝負と白熊は千尋の着付け教室へ。千尋は客には温和だが、従業員には厳しい態度で臨んでいる。次に二人は香澄から話を聞く。香澄は『赤羽屋』で千尋のもとで働いていたが、厳しさについていけずに退職。経営コンサルタントの栗田保(篠原悠伸)に相談して『ファイブシーズン』を立ち上げ、直接織元と契約を結び上質な着物を安く手に入れる新しい経営を始めた。だが、最近、職人が次々と契約を切るようになる。香澄は千尋が圧力をかけたのだろうと疑っていた。小勝負たちから話を聞いた桃園は、千尋から事情聴取しようと言い出す。桃園と千尋は過去に因縁があった。

引用:『競争の番人』公式サイト

第5話ネタバレ感想はこちらから!

【競争の番人】第6話感想!

引用:https://www.fujitv.co.jp/kyosonobannin/story/index.html

2022年8月15日に放送されたドラマ『競争の番人』第6話の平均視聴率は8.1%と前回と比べてほぼ横ばいとなっています!

今回は1話完結とあって、すぐに解決しスッキリとしていて好評だったようです!

第6話では桃園さんがクローズアップされ、女のバトルになるかと思いきや、最後は女同士の新たな結束ができて素敵なお話しでした!

今回ダイロクは、大手呉服店『赤羽屋』の私的独占の調査を開始します。

若者向け呉服店『ファイブシーズ』の社長・井出香澄からの訴えで、井出は以前に『赤羽屋』で働いており社長の赤羽からの厳しい指導を快く思っていなかったのです。

そして独立した矢先、赤羽社長によって営業妨害にあったと訴えます。

7年前にも赤羽社長には私的独占の疑いが掛けられたものの、立証できず桃園さんがリベンジに挑みます!

ですが、今回も立入検査をしたにも関わらず『赤羽屋』からは何もでてきません。

実は、井出による訴えは嘘だったです!

井出が恨んでいた赤羽社長は、井手のために陰ながら色々と動いていてくれていたのです。

小勝負からの赤羽社長の井出への想いや、2人の子弟関係が明らかとなり感動的な最後となりました!

桃園さんもしっかりと不正がなかったことを謝罪し赤羽社長とのやり取りも素敵でしたね!

1話完結でスムーズに話しが進んで見られたので、モヤモヤ感も残りませんでした!

やっぱり桃園さんのサバサバとした性格、小池栄子さんにもピッタリな役柄で最高です!

今回は小勝負の過去や藤堂との対決はありませんでしたが、第7話からは徐々に登場するようです!

【競争の番人】藤堂と本庄の関係性とは!?

引用:https://www.fujitv.co.jp/kyosonobannin/story/index.html

第5話のラストでは、横領や強盗殺人事件については柴野は関与していなかったということで逮捕には至りませんでした。

この強盗殺人事件の裏には大きな組織が関与しているのではないかと、そしてその黒幕が藤堂ではないかという描写がありました。

さらには、藤堂が料亭で待っていると審査長・本庄が現れたのです!

これにはネット上でも「2人の間には何が!?」と注目されています!

これまで偶然会って会話していた様子から、本庄審査長が藤堂に敵対心むき出しのように感じられました。

柴野のことがあり直接対決に来たのか、それとも本庄審査長にはダイロクメンバーも知らない裏の顔があるのでしょうか!?

本庄審査長が黒幕に加担しているとなるとかなりショックではありますが、宣戦布告に来たのだと信じたいところです!

第6話では藤堂と本庄審査長がなぜ会っていたのか明らかになることでしょう!

そして、小勝負の過去の伏線が回収されていくのではないでしょうか!

まとめ

以上、ドラマ『競争の番人』第6話のネタバレ感想とともに、藤堂と本庄審査長の関係性について調査してみました!

2人の間には何があるのか気になるところです!

第6話からは怒涛の後半戦とあって、さらにおもしろくなりそうですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ドラマ『競争の番人』を第1話から視聴するならこちらから!

▲初回登録は2週間無料でお試し▲

フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム】*SEO用
カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA