【競争の番人】第8話ネタバレ感想!藤堂と繋がる内通者は誰?黒幕は本庄!?

いよいよクライマックスの最終章へと突入し、小勝負の過去が明らかとなり藤堂との対決が始まります

ですが、ここに来てダイロクの審査長・本庄に怪しい影が!

さらには、藤堂と繋がる内通者もいるようです!

そこで、ドラマ『競争の番人』第8話のネタバレ感想とともに、藤堂と繋がる内通者は誰なのか!?

また、黒幕は本庄なのか調べてみました!

FODで無料で視聴する>>

【競争の番人】第8話ネタバレ!

引用:https://www.fujitv.co.jp/kyosonobannin/story/index.html

第8話あらすじ

小勝負勉(坂口健太郎)は緑川瑛子(大西礼芳)に呼び出された。緑川は小勝負に、検察の保管庫で見つけた15年ほど前の死体検案書を見せる。公正取引委員会に入ったのは、このためではないかと疑う緑川。その死体検案書には『ラクター建設』や本庄聡子(寺島しのぶ)の名があり、本庄の名を見た小勝負は表情を曇らせた。
15年前、本庄は公取の四国支所にいた。本庄は仕事が出来て、審査課長の上沼慎太郎(おかやまはじめ)からの信頼も厚い。四国支所で新たに取り組むのは建設工事の談合疑惑。ゼネコン大手の一角『ラクター建設』の関与が疑われるが有力な情報は得られずにいた。
本庄は同僚の三島徹(今井悠貴)とともに、『ラクター建設』の木下健一(石井正則)から話を聞く。談合を問う本庄に、木下は否定して社員への聞き込みも迷惑だと断った。本庄は木下が目を話した隙に周囲を見回す。すると、本庄は『ラクター建設』のような大手が相手にしそうにない小さな建設会社『小勝負建設』の調査資料を発見する。
本庄と三島は『小勝負建設』へ。社長の誠(高橋努)は談合の件など知る由もない様子。そんな時、誠が参加していた工事が入札から漏れたと連絡が入った。仕事が上手くいっていない誠は落胆し、妻の朋子(遠藤久美子)も途方に暮れてしまう。それでも誠は、心配する息子の勉(市原匠悟)になんとかなると安心させた。勉も「弱くたって戦わなきゃ」と返す。この勉こそ、後のダイロクの小勝負だ。家族に「なんとかする」とは言ったが仕事が回らない誠。そんな時、木下が誠にある話を持ちかけた。それは、仕事に困っている誠への入札談合の誘いだった。

引用:『競争の番人』公式サイト

ドラマ『競争の番人』第7話ネタバレ感想はこちらから!

【競争の番人】第8話感想!

引用:https://www.fujitv.co.jp/kyosonobannin/story/index.html

2022年8月30日に放送されたドラマ『競争の番人』第8話の平均視聴率は8.0%となりました!

前回からほとんど変わっていませんでした。

第8話で小勝負の過去が明らかとなりました!

そして、本庄と小勝負の父の関係性も判明!

舞台は15年前、仕事がなかった小勝負建設はラクター建設からの誘いで談合に参加せざるを得ませんでした。

そのおかげでたくさんの仕事が入って小勝負建設は順調なものの、周りの小さな建設会社は潰れていくばかり。

そんな状況に耐えきれなくなった小勝負の父は、本庄に談合に参加したことを告白したことにより仕事がうまく行かなくなり自殺してしまいます。

談合を陰で操っていたのは藤堂。

「この国は、ブレーキの壊れた列車みたいなもの。偉いやつらがこっそり集まって何でも決めてしまう。どんなに頑張ったって駄目。走り続ける仕組みが出来上がってる」

小勝負が「弱くても、戦わなきゃいけない」と使命感を燃やしているのは、父親の言葉、想いを受け継いでいたということですね。

今も尚、ラクター建設は談合に参加しその談合を取り仕切るのが藤堂。

ラクター建設への立入検査に参加するも、上からの指示で中止となってしまいます。

何かしらの圧力が掛かっており、公取の情報が漏れているのではないかと、本庄の不穏な動きを知っていた小勝負は本庄への怪しさが募っていきます。

本庄は小勝負の過去や藤堂のことを知っていて、なぜ小勝負には協力しないのでしょうか。

「あなたに藤堂は捕まえられない」という本庄の言葉が引っかかりますね!

そんな中、第8話のラストシーンでは、小勝負が国交省と名乗る何者かから電話を受け待ち合わせ場所に向かうと何者かに刃物で襲われそうになります!

そこへ本庄が庇って刺されてしまうという展開に!

まさかの殺人未遂事件に繋がりビックリした人も多かったのではないでしょうか!

第9話の予告から殺人未遂事件となっているので、本庄は命に別状はなかったようで安心しました。

どうやらこれで、ラクター建設、藤堂、本庄、小勝負、白熊の左遷となった刑事事件の全てが繋がるようですね!

【競争の番人】藤堂と繋がる内通者が黒幕!?

引用:https://www.fujitv.co.jp/kyosonobannin/story/index.html

ドラマ『競争の番人』第7話のラストシーンで緑川が小勝負に見せた『供述調書』と書かれた資料の中には、『ラクター建設』『愛媛県松山市』『小勝負誠』『本庄聡子』という文字が記載されていました!

本庄の名前を見た小勝負の表情が一気に曇っていった様子が分かりましたね。

第8話の予告から、15年前に本庄は公取の四国支所にいて、ゼネコン大手の一角『ラクター建設』の関与が疑われる建設工事の談合疑惑を調査していました。

ラクター建設へと調査に入ったことで小勝負の実家でもある『小勝負建設』へ聞き込みへ行くことになり、小勝負の父である誠と関わることとなるようです。

小勝負建設はどうやら仕事に困っていたことから入札談合に関与してしまったのか、関与しざるを得なかったのか、この談合がきっかけで会社や一家が悲劇に見舞われてしまいます。

この当時の一連の流れをよく知っているのが本庄なのではないでしょうか!

そして、裏には藤堂が関わっていることも分かっているのだと思われます!

ですが、第8話予告では、小勝負に手掛かりはないかと詰め寄られた本庄は「何も知らない」と答えています。

また、内密に行われるはずのラクター建設への立入検査が中止になったことから、藤堂と繋がる内通者も浮上

さらには、以前の放送で藤堂と本庄が会っているところも描かれていました!

これまでの流れからすると、藤堂と直接関わりがあるのは本庄だけであり、藤堂に内通できるのは本庄だけなのではないでしょうか!

ネット上でも、本庄が小勝負の父と関係があったことについて衝撃的過ぎて驚きを隠せないようです!

本庄は敵であり黒幕となってしまうのでしょうか!?

予告では怪しいようにみせかけて、実は本庄も藤堂の不正を暴こうと動いていたなんてこともありそうです!

だとすると、内通者は他に誰がいるのかも疑問となってしまいますが、誰よりも強い正義感を持っているということで本庄は黒幕ではないことを信じたいと思います!

まとめ

以上、『競争の番人』第8話ネタバレ感想と、藤堂と繋がる内通者は誰なのか!?

黒幕は本庄なのか調べてみました!

実は本庄は藤堂に探りを入れるため、近付いていた可能性もあるかもしれませんね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ドラマ『競争の番人』を第1話から全話見逃し配信はこちら!

▲初回登録は2週間無料でお試し▲

フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム】*SEO用
カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA