【競争の番人】第9話ネタバレ感想!またもや内通者!立入検査での衝撃な事実とは!?

第8話で小勝負の過去や小勝負が公取になった理由などが明らかになり、ラストではまさかの衝撃的な展開となりました!

最終章に入りこれまでの伏線が回収されていき、全ての関係が繋がりつつあります!

そして第9話ではまたもや内通者が浮上し、衝撃的な事実が判明するようです!

そこで、今回はドラマ競争の番人第9話のネタバレ感想とともに、内通者の存在や衝撃な事実とは何なのか調査してみました!

FODで無料で視聴する>>

【競争の番人】第9話ネタバレ!

引用:https://www.fujitv.co.jp/kyosonobannin/story/index09.html

第9話あらすじ

東京都発注の土木工事の談合疑惑で『ラクター建設』などへの立入検査を行う予定だった公正取引委員会第一審査だったが、急遽中止になってしまう。父、誠(高橋努)の死の延長にある談合疑惑に小勝負勉(坂口健太郎)は独自で調査を進めた。そんな小勝負を本庄聡子(寺島しのぶ)は止めようとする。しかし、談合の黒幕と踏んでいる藤堂清正(小日向文世)と本庄の繋がりを疑う小勝負には通じない。そんな時、小勝負は「談合の件で」と国交省の者と名乗る人物に電話で呼び出された。待ち合わせ場所に行った小勝負は、刃物を持った人物に襲われる。すると、小勝負を身を挺してかばった本庄が刺されてしまった。

この件で、小勝負は勝手に調査をしたとして謹慎処分になってしまう。また、殺人未遂事件として警察が動き出したため、公正取引委員会は談合についても警察の捜査が済んでからということになった。そんな時、白熊に恋人の大森徹也(黒羽麻璃央)から情報が入る。それは、本庄と藤堂のつながり、そして本庄を刺した犯人が白熊が公取に異動となるきっかけとなった『ラクター建設』の古賀康弘を殺害した犯人と同一人物の可能性もあるということだった。

白熊は徹也から得た情報を、桃園千代子(小池栄子)、風見慎一(大倉孝二)、六角洸介(加藤清史郎)に話す。小勝負が調べていたのは『ラクター建設』、そして藤堂と本庄の繋がりにダイロクメンバーは疑念を持つ。一方、謹慎処分になった小勝負は、本庄の所持品から手帳と怪しげな鍵を見つけて…。

引用:『競争の番人』公式サイト

ドラマ『競争の番人』第8話ネタバレ感想はこちら!

【競争の番人】第9話感想!

引用:https://www.fujitv.co.jp/kyosonobannin/story/index09.html

放送終了後追記します!

【競争の番人】立入検査での衝撃な事実とは!?

引用:https://www.fujitv.co.jp/kyosonobannin/story/index09.html

第8話では本庄と小勝負の父との関係性が判明!

藤堂についても15年前から知っていた本庄でしたが、小勝負には隠していました。

本庄が密かに藤堂と接触していた様子から本庄の黒幕説が浮上しましたが、おそらく本庄は藤堂の懐に入り潰す機会を狙っていたのではないかと思われます!

小勝負に冷たい態度を取っていたのは、15年前のように小勝負を巻き込みたくなかったからではないでしょうか。

本庄も小勝負の父のことではとても悔しい思いをしているはずです。

さらには刺されそうになった小勝負を庇っているので、本庄の黒幕説はありえないでしょう!

ということで、ラクター建設への立入検査が急遽中止になった背景にある内通者の存在は本庄でもないということです。

それでは誰がというところですが、ダイロクメンバーの中にはもういないでしょう。

裏切り者がいたらかなりショックですね。

第9話の予告で立入検査に入った白熊が「どうしてあなたが!?」と、驚いた様子で衝撃の事実が判明するようです!

この白熊が捕まえた人物は第8話から出演している小津建設の社長ではないでしょうか!

第8話では現在と過去が交錯し、小津建設は小勝負建設と状況が似ています。

また、小津建設の社長は真面目で社員思いということで小勝負の父と人柄も良く似ています。

小勝負の父のように、おそらくラクター建設に持ち掛けられてその場にいたのではないでしょうか。

小勝負の父の二の舞になる前に止められたのかもしれませんね。

談合を操っているのは藤堂なのには間違いないですが、小さな建設会社を倒産に追い込んだり不正な話しを持ち掛けるのは藤堂ではなくラクター建設がやっています。

ラクター建設の土木営業本部 部長はかなりの悪のようです!

表向きの悪はラクター建設なので、第9話予告の藤堂の「私を追っても無駄だ」という、黒幕が別にいるのではないかと匂わせるセリフに繋がるのではないかと考えます!

藤堂が談合を操っているという証拠を小勝負やダイロクメンバーはどうやって突き止められるのか、展開が楽しみです!

まとめ

以上、ドラマ『競争の番人』第9話のネタバレ感想とともに、内通者の存在や衝撃な事実とは何なのか調査してみました!

黒幕が藤堂なのは間違いないですが、第9話では藤堂にたどり着くまでにラクター建設の不正を暴く必要があるようですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ドラマ『競争の番人』を最初から視聴するならこちらから!

▲初回登録は2週間無料でお試し▲

フジテレビの動画見放題サイト【FODプレミアム】*SEO用
カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA