真犯人フラグ考察まとめ!伏線回収や真犯人は誰なのかを徹底検証!

ドラマ『真犯人フラグ』の放送開始以降、ネット上では様々な考察が繰り広げられて大盛り上がりとなっています!

2クール連続ということで半年間の放送となりますが、放送終了まで1話ごとに出た考察をまとめてご紹介したいと思います!

また、伏線回収や真犯人は誰なのかを徹底検証していきます!

真犯人フラグ考察まとめ

ドラマ『真犯人フラグ』の考察を第1話から最終話まで順にまとめてご紹介します!

第1話

住愛ホーム・林洋一と相良真帆の関係性

マイホームが建つ土地で記念写真を撮ろうということで、住愛ホームの林洋一も一緒に撮ろうと凌介に誘われます。

その時の真帆の様子に少し違和感を感じました!

真帆が答える時に明らかに間があったことと、普通男性であればご主人の隣に立つものではないかと思います。

それ対し、真帆と林は不倫している、あるいは脅されているのではないかと考察されています!

また、真帆が金曜日は遅番だと嘘をついた理由も林が関係しているのかもしれません。

第7話では2人の密会写真が登場しました!

凌介が日野のバーへ向かう間の空白時間

凌介は日野のバーへ向かうために経路検索をしています。

そこで問題となっているのが、バーの住所です!

日野のバーの住所は、「神奈川県横浜市都筑区多田5-12-1」だと河村がメールで送っていましたが、凌介は「東京都世田谷区多田5-12-1」を検索し「タクシーで10分ちょいか」とつぶやいていました。

凌介は帰宅後の22時01分に真帆に「あんまり遅くならないようにね」とメール送り、そのあと凌介は河村からの誘いを思い出して経路検索をし、家を出ています。

そして、日野のバーに到着したのが22時45分です。

自宅からバーまで40分近くかかったことになり、バーへ向かう間の空白の時間に殺害したのか、どこかへ寄り道したのではないかと考察されています!

また、凌介は家を出る時には持っていた鞄がバーについた時にはなくなっていました!

寄り道したどこかで鞄を置いてきたのかもしれません。

本木陽香との遭遇

凌介は電車から降りた時に本木陽香という謎の女性に「先生~!」といきなり駆け寄られます。

そして、「偶然~!もうひどいですよ!酔っ払って放置とか!らっきょうどうしました?持って帰りました?」といきなり話し掛け、戸惑う凌介を見て、「あー!ごめんなさい。人違いでした!」と去って行きます。

本木陽香の言葉も怪しさ満点ですが、その時2人のやりとりをスマホで盗撮している人がいました!

この盗撮画像は第4話の会見の中で、凌介の不倫現場としてネットに拡散されていました!

陽香の単独犯なのか、誰かに指示されてわざと近付いたのか、陽香も怪しいと考察されています!

また、このスマホで2人を盗撮しているのはプロキシマ社長・橘一星ではないかという声が多く上がっています!

菱田親子

相良家と同じ団地に住むシングルマザーで真帆のママ友でもある菱田朋子ですが、なぜか凌介のスマホの電話帳に名前が登録されていました。

凌介は真帆のことを聞くために朋子に電話を掛けようとしましたが、夜中だったからなの結局電話は掛けずに寝落ちしてしまいます。

普通ママ友の連絡先を旦那さんが登録しているでしょうか。

翌朝、団地の前で菱田親子に出会った時に、真帆や息子・篤斗のことを聞いた凌介に対してあからさまに態度がおかしい様子が映っていました。

とくに朋子の息子・清明は様子がおかしかったですね。

この行動から、清明は篤人にいじめられているのではないかと考察されています!

他にも、最後に連絡を取ったのは「サッカーが雨でお休みになった」ということだと凌介には伝えていましたが、その画面や時間は凌介には見せていませんでした。

また、凌介が去った後の朋子の様子も怖かったですよね。

ママ友の旦那さんにあのような態度は取らないと思います。

何か相良家に恨みがあるのか事件に関わっているのかもしれません。

『週刊追求』編集長・河村の本性

河村は凌介に家族が失踪したことを相談されたことを、『週刊追求』で記事にして情報収集しようと提案します。

情報を集めるのには良い方法かもしれませんが、良いも悪いもネットではすぐにに大きな反応となるのは分かっていたのでわざと記事にして大事にした可能性もあるかもしれません。

また、日野がバーで撮った2ショット写真をSNSに投稿し、凌介に批判の声が上がるのも想定内だったのではないかと考察されています!

他にも、篤斗探しの後に凌介へ河村から電話がありましたが、 電話のタイミングが良すぎてこちらも怪しい気がします。

手助けをするふりをして、実は黒幕だったりするのかもしれません。

クレーマー・バタコさん(木幡由美)

亀田運輸でクレーマーとして有名なバタコさん・木幡由美が登場しました!

声だけの登場で顔は不明、ハスキー声が似ているからという理由で正体は香里奈さんではないかという声があがっています。

木幡由美については謎だらけですが、唯一分かっていることは土日にはクレームが一切ないということです。

さらには、金曜日が最も多かったのですが、真帆たちが失踪した事件当日の金曜日はクレームの電話がありませんでした。

ということは、事件となんらかの関係がありクレームの電話ができなかったのではないかと考察されています!

また、木幡由美からのクレーム内容は、18日に隣のマンションで亀田運輸の配送員が荷物を運ぶ時の台車がゴロゴロとうるさいという内容でした。

この荷物は、ドラマ終盤に配送スタッフ・望月が台車で持ってきた凌介が送ったとされる荷物でのことではないかとも考察されています!

小幡由美はキーパーソンとなりそうですね。

第2話

段ボール箱に入った冷凍遺体

篤斗の遺体が入っているのではないかと思われていた段ボール箱に入った遺体は、篤斗ではありませんでした!

遺体は少なくとも5年間は冷凍保存されており、内蔵損傷など虐待や事故などが疑われる傷もありました。

遺体については身元不明で、生きていれば15~6歳くらいで光莉と同じぐらいの年齢になります。

警察は、5年前に相良家が遺体の少年となんらかのトラブルがあり、その恨みから事件が発生したのではないかととのことでしたが、凌介は心当たりも無く「トラブルはない」と答えていました。

ですが、この遺体と相良家はなんらかの関係性がある可能性が高いと考察されています!

また、この遺体についての考察には事故死なども挙げられており、誰かのひき逃げ説も浮上しています!

5年前に凌介が関係性するなんらかのトラブルがあったのには間違いないなさそうです!

真帆たちの最後の足取り

3人が失踪する前の最後の足取りが判明しました!

16:17に光莉はあおば公園駅、16:45に篤斗は通学路、17:13に真帆はスーパーを出る、17:18に3人で歩いている姿が確認されています!

合流した時間的にも真帆が子供たちと待ち合わせしていたのではないかと考察されています!

顔はよく見えていませんが、真帆が持っていた赤い傘と同じであることから真帆たちの最後の足取りとされています。

映像では真帆が子供たちを率先してどこかへ連れて行っているようにも見えます。

ちなみに、17:30にサッカー教室に篤斗が忘れ物を取りに来たということですが、サッカー教室での防犯カメラの映像はありません。

瑞穂のカセットテープ

瑞穂は屋上でカセットテープを聴いていました。

今の時代にカセットテープという疑問と、凌介が来た時には隠していたようにも思います。

また、瑞穂は社内での気まずい凌介を擁護したり、ドライブレコーダーの映像を盗むことを提案し真帆たちの映像を探したりと相変わらず協力的です。

さらには、河村と日野とも繋がることになります。

こういったことから、瑞穂の怪しさはますます強まっています!

プロマキシ社長のアプリ

橘が場所を特定できる位置情報アプリを開いていました!

『電源がオフになっています』というメッセージをから、誰かの位置情報を検索したのだと思われます。

第3話の予告で、橘は真帆たちが誘拐されたと断言しているので真帆か光莉と繋がっていたと考察されています!

回想シーンで光莉は彼氏がいるのでは!?と思わせるシーンがありました。

「たすけて」というメッセージも入っていたことから、もしかすると、光莉の彼氏は橘という可能性もあります。

第3話で橘は光莉の彼氏だと判明!

第3話

橘一星と光莉の関係

一星と光莉は付き合っていることが判明しました!

一星が凌介と接触をしたことで、「たすけて」のメッセージは光莉からだったこと、GPSのアプリについてもわかりました。

さらには、光莉はストーカー被害に遭っていたということも判明します。

光莉に関して凌介は、彼氏がいたこと、ストーカー被害に遭っていたことなどは全く知らなかったのです。

第7話で光莉のストーカーの犯人が判明!

また、一星は凌介の協力者となります。

ですが、一星と光莉は本当に付き合っているのか!?何か意図があって光莉に近付いたのではないかと考察されています!

Huluのオリジナルストーリーでも2人の胸キュンストーリーが放送されていますが、嘘をついている可能性もあるのでしょうか。

第5話のパン屋のおじさんとの会話から、嘘をついている可能性は低いと思われます!

山田コーチと菱田朋子の関係

山田コーチは菱田がサッカー教室もお迎えに来ていることに気づくと、変わった様子で近づき、菱田に好意を寄せている様子でした!

また、2人の会話では「話しが食い違うといけないので・・」と山田コーチが言っていたことで、2人の間には何が裏があるのではないかと考察されています!

山田コーチは警察に「5時半頃に篤斗が来た」と話していましたが、これは口裏合わせだったのでしょうか。

菱田朋子の凌介へ態度

第1話では菱田は凌介に対して冷たい視線を送っていましたが、その後、失踪事件に協力すると言ったし距離を詰めて来ているように見えます。

第3話では、凌介の自宅に大量のカレーをお裾分けに来ています。

やたらと笑顔でテンションも高い様子でした。

この様子から、菱田は凌介に好意を寄せていて、実は真帆のことを恨んでいたなどと考察されています!

本木陽香

本木についてはまだまだ謎の人物ですが、第3話では、凌介と一星の最初の接触ポイントである喫茶店の影から凌介を見ていました。

そして、ドラマの終盤に映った凌介の遺影を置き、お経を唱えているのは本木ではないかと考察されています!

葬儀屋に務めていることから可能性は高いですよね。

また、凌介の遺影の戒名 「簒奪院盗幸不和離苦信士」の 意味的には、 「本来の人物と入れ代わり。幸せを盗んで平穏に暮らす、不届き者。」という意味だそうです。

かなり、凌介を恨んでいる人物だということが分かります。

また、本木と一星がグルだとも考察されています!

第4話では、凌介の不倫現場写真が流出ということで、地下鉄での凌介と本木とのやり取りの場面の写真がTwitterで拡散されていました!

その2人を盗撮していたのは一星だと言われていましたが、一星ではなさそうな雰囲気でした。

Twitterアカウントの「ミシシッピを守る会の副会長」とは誰なのでしょうか。

第4話

包丁を研ぐ女

包丁を研ぐ謎の女が登場しました!

包丁を研ぐ女の部屋には金魚鉢が置いてあり、第3話の最後に映っていたお経女の部屋にも金魚鉢があったことから同一人物だと予想されます!

そして、この女性は明らかに凌介への恨みがあることが分かります。

また、この女性は冷凍遺体の少年の母親ではないかと考察されています!

凌介は冷凍遺体の少年を殺してしまったのか、何か関わりがあるのは間違いなさそうですね。

この女性についてはまだ登場していない人物で、『真犯人フラグ』の番宣ポスター左上の顔が見えていない人物の可能性もあります!

そこで挙げられているのが、橘一星の母親・すみれです!

すみれについては、本編ではまだ登場していないもののHuluオリジナルストーリー『週刊追求プレミアム』には登場している人物です。

『週刊追求プレミアム』ではやたらと橘家について追っていたようです!

もしかすると、冷凍遺体の少年はすみれの子供であり、一星とは兄弟だったことで橘家は凌介に恨みを持ち近付いた可能性もあるのかもしれません。

黒パーカーの人物

ネットカフェで黒いパーカーを着た人物の後ろ姿が映っていました!

おそらく、ぷろびんチャンネルへの冷凍遺体の情報提供 や不倫画像を拡散した人物ではないかと思われますがその人物は誰なのでしょうか!?

後ろ姿だけを見て男の人?橘一星!?かとも思いましたが、「小柄」「華奢」「女性っぽい」と言った声がネット上ではあがっていて、本木陽香ではないかと考察されています!

本木陽香はまだまだ謎の人物ですね。

第7話では光莉のストーカーが黒いパーカーの人物に脅されて監禁動画を送ったことが判明!

菱田朋子の家の押し入れにあったもの

第4話では菱田の奇妙な行動がさらにヒートアップしていました!

凌介の自宅チャイムを何度も押したり、汚れている靴下で勝手に家に上がり込んだり、真帆から聞いて作ったと言っていたがめ煮についても怪しさ満点です。

極めつけは、最後のメッセージのやり取りと菱田の息子・清明が押し入れを開けた時に見たものは何だったのか!?

やはり、菱田は凌介のに好意があるのでしょうか。

菱田の家の押し入れにあったものは、凌介の写真や相良家を盗聴するための盗聴器ではないかと考察されています!

また、『真犯人フラグ』第1話では相良家の子供部屋にある椅子の位置が夜と朝で変わっていたことが伏線なのか話題になっていました。

これだけではなく、相良家の色々な物の位置が朝と夜で変わっていることが多いようです。

これらは全て盗聴している菱田の仕業なのかもしれません。

第5話では押し入れに向かって清明が「ごめんなさい」と謝っていました。

第6話では「あっちゃん、ごめん」と言っていたことから篤斗と関連する何かが入っている可能性が高くなりました!

サッカーボール

凌介が帰宅後、サッカーボールが窓ガラスを破って蹴り込まれました!

このサッカーボールを蹴り入れた人物はやはり、サッカー教室のコーチ・山田の可能性が高いのではないかと考察されています!

第5話でも瑞穂が同じように考察をしますね。

そのサッカーボールには謎の数字のようなものが書かれていました。

何らかの暗号が隠されているのでしょうか。

第5話で、真帆が『ツベツ』のマークを間違えて書いていたことが判明!

第5話

凌介を狙う謎の男

第5話では凌介のことを影から見ている謎の怪しい男が登場しています!

今のところ、「謎の男」というだけで正体は不明です。

第5話だけを見ると凌介のことを狙っているように思いますが、実は凌介のことを見守っているのではないかとの考察が多くあがっています!

また、凌介が信号待ちをしている時に誰かに押されて道路へ飛び出し、トラックに引かれそうになるシーンがありました。

タイミング良く瑞穂が現れて助けてくれましたが、なぜちょうど瑞穂がその場にいたのかは不明のままです。

これには、瑞穂の自作自演で、凌介を押したところを謎の男は影から見ていたのではないかとも考察されています

第6話では凌介と謎の男が接触するようですが、正体が明らかとなるのでしょうか!?

第6話では10年前に面識があったのかもしれないことが判明!

第7話で謎の男の名前は「中村充」と判明!相関図にも追記されています。

瑞穂と一星の関係性

第5話では瑞穂と一星の距離が一気に縮まったように思います。

一星は、凌介なしでも捜査を進めようと瑞穂に提案したり、瑞穂はいつの間にか「一星」と下の名前を呼び捨てで呼んでいました!

凌介に協力するも、2人の怪しいところは多くて、2人のどちらかが黒幕ではないかという考察は増える一方です!

等々力茉莉奈が林に囁いたこと

住愛ホームの大手取引先の等々力建材の社長令嬢・茉莉奈が林の婚約者だということが判明しました!

また、茉莉奈は林にべた惚れのようで「困ったことがあったら何でも言って」と、林に耳打ちをしています。

茉莉奈が囁いたことに対して林はかなり驚いていた様子でした。

その内容とは、等々力建材の社長が相良家の新築建設の中止を言っていたこともあり、林の為を思った茉莉奈が相良家の新築建設が中止になるように、相良家の土地にローファーを埋め込んだのではないかと考察されています!

相関図に追加されていたことから、今後も登場しなんらかの関わりがあるのは間違いなさそうです!

菱田家にあった赤い傘

第5話の終盤では凌介が菱田家の玄関で真帆と同じ赤い傘を発見しました!

なぜ菱田家に真帆の傘があったのでしょうか!?

それには、真帆に憧れている菱田が真帆と同じ物を購入したからや、失踪事件の最後の足取りのドライブレコーダーに映っていたのは真帆ではなく菱田とではないかと考察されています!

第6話では菱田の正体が明かされそうですが、犯人ではないとしても何かを隠していることは間違いなさそうです!

第6話でフリマアプリで購入したことが判明!ですが、本当なのかどうかは確証がありません。

第6話

ドライブレコーダーの画像は菱田

第6話では、菱田が凌介の家に勝手に入ってYシャツにアイロンがけをしていました。

家に勝手に入れた理由には、真帆とは合鍵を交換し合う間柄だとのこと。

ですが、この合鍵だというのも嘘ではないかと考察されています!

また、凌介がドライブレコーダーの写真を見せ「この女性は菱田さんじゃないですよね?」と確認したところ、彼女は笑顔で「私じゃないですよ~!」と否定。

さらには、足裏ではツボを抑えながら「仕事が遅番だった」と言っていました。

ですが、実際には夕方までだったことが分かり、こちらも真帆と同様に事件当日の仕事の時間を嘘をついています。

菱田は真帆が持っている物や服をお揃いにしていて、実際に赤い傘も持っていました。

これらのことから、やはりドライブレコーダーに映っていたのは菱田ではないかと考察されています!

菱田は真帆の真似をして単に歩いていたのではなにかという考察もありますが、それなら菱田が嘘をつく必要はないはずです。

実際は菱田だとして、でも嘘をついていたのなら、事件と何らかの関係があるからなのかもしれません。

一星の会社に届いた手紙

ぷろびんが公開した動画により、一星へのバッシングも。

一星の早めの対応により騒動は沈下します。

そんな中、一星は会社に届いた大量の手紙の中から、とある一通に目を通すといきなり顔色が変わりました。

この手紙の内容は不明ですが、その後すぐに母親に電話をしていることから、母親に関する内容だったのではないかと考察されています!

本当に母親のことだったのでしょうか!?

一星にもまだまだ秘密が隠されているようですね。

光莉の監禁場所

第6話終盤では、「お探しのものです」の件名で亀田運輸宛に送られてきたメールの添付ファイルを開くと、そこには、真っ赤な血に染まった背景に監禁された光莉の姿が映っていました!

とりあえず光莉が生きているようですね!

そして、その動画の背景に映っている血に染まったシーツのようなものが掛けられている椅子は、凌介の書斎として借りているトランクルームにある椅子なのではないかと考察されています!

凌介は家の鍵も「至上の時」で落としていました。

もしかするとトランクルームの鍵も紛失してしまっている可能性もあります。

次回の第7話で動画の場所が判明するようですが、光莉の監禁場所は凌介の借りているトランクルームの可能性もあるかもしれません!

第7話で監禁場所は群馬県にある廃墟だったことが判明!

第7話

謎の女性

白い部屋にハンバーグを届ける謎の女性が登場しました!

口元だけ映っていましたが、この謎の女性は誰なのでしょうか!?

ネット上では、口元が似ているというなどの理由から真帆か木幡由美子ではないかと考察されています!

また、この謎の女性は第3話の終盤から度々登場している包丁を研ぐ謎の女と同一人物ではないかとも考察されています!

前回、包丁研ぎ女は人参を切っていました。

この人参はハンバーグを作るための人参だったのかもしれません。

もしかすると、白い部屋には篤斗が監禁されているのかもしれませんね。

真帆だったら驚きです!

瑞穂の怪しい点

今回ぷろびんのターゲットとなったのが、瑞穂でした。

凌介と不倫しているというきわどい画像が拡散されてしまいました。

ですが、この画像は瑞穂の自作自演ではないかと考察されています!

会社の中で瑞穂に協力する人がいたとすれば、望月が1番怪しいのではないでしょうか。

望月と協力して自作自演をしたのか、望月を利用したのか、どちらにせよ瑞穂の怪しさが再び浮上しています!

また、病室での瑞穂と林の反応にも違和感を覚えた人も多いようです!

2人は知り合いなのでしょうか!?

第8話

放送終了後、追記していきます!

真犯人フラグ伏線はどこ?

  • 住愛ホーム・林洋一の結婚発言について
    「仲の良い相良家を見て結婚を決めた」という話をしており、現時点では真帆と林の不倫説があることから、なんらかの伏線なのかもしれません。
    伏線回収林の婚約者は等々力建材の社長令嬢・等々力茉莉奈
  • 猫おばさんの「何もないといいけどねぇ・・・」
    凌介たちのマイホームを建てる土地で以前何かがあったのか、のちに猫おばさんの言葉が意味していたことがわかるのかもしれません。
  • 真帆が金曜日は遅番だと嘘をついた
    本当は早番だったのに遅番たと嘘をついたのにはなんらかの理由があるのには間違いなさそうです。
  • 凌介のデスクにかけられた太宰治の『ヴィヨンの妻』のキーホルダー
    劇中に何度か登場するキーホルダーで、『ヴィヨンの妻』のストーリーと凌介とがリンクするところもあり、何かの伏線なのかもしれません。
  • 瑞穂が凌介に貸したボールペン
    凌介がメモをするのにボールペンが見当たらず、咄嗟に瑞穂が亀田運送のロゴが入った自分のボールペンを渡します。
    ですが、その後なぜか凌介はボールペンを返さずにスーツの胸ポケットに差しっぱなしのままでした。
    そして、そのボールペンがきっかけでYouTuber・ぷろびんに会社を特定されてしまいます。
    会社を特定されることで伏線回収となったのか、まだ他に意味する何かがあるのかもしれません。
  • 缶ビールがなくなっていた
    自宅に帰宅した凌介が缶ビールを飲もうとしたが、冷蔵庫にも、缶ビールケースにもビールは入っておらず「扱い雑だな~」とセリフを吐きます。
    単なる一コマなのか、ちゃんと炊飯器の予約をするぐらいなのでしっかりものの真帆が管理していそうですが、空になったビールケースの箱をそのままにしておくのかとも不思議に思います。
    伏線回収合鍵を持っていた菱田の仕業!?
  • 不思議な経路検索
    日野のバーの住所「神奈川県横浜市都筑区多田5-12-1」、 凌介の検索住所「東京都世田谷区多田5-12-1」と多田以降が同じでした。
    何らかの伏線なのか、それとも単なる編集ミスだったのでしょうか。
  • 家を出る時は鞄を持っていたのに帰りは手ぶら
    日野のバーへ向かう為、家を出た時には鞄を持っていたものの、帰りは手ぶらでした。
    こちらも伏線に繋がっていたのか単なる編集ミスなのでしょうか。
  • 電話帳に菱田朋子の名前が登録されていた理由
    なぜ、真帆のママ友である菱田朋子が凌介の電話帳にも登録されていたのか。
    以前からの知り合いなのでしょうか。
  • 子供の勉強机の椅子の位置
    子供部屋の勉強机の椅子の位置が金曜の夜から土曜日の朝にかけて少し変わっています。
    誰かが部屋に侵入したのか、それとも単なる編集ミスなのでしょうか。
    伏線回収合鍵を持っていた菱田の仕業!?
  • サッカー教室での不審者
    篤斗を探しに行った際に、サッカーコーチ・山田が「サッカー教室に不審者が出る」と話していました。
    この不審者について、のちに正体が判明するのではないでしょうか。
  • サッカー教室に落ちていたGPSキーホルダーとユニフォームの切れ端
    サッカー教室に篤斗のGPSキーホルダーが落ちていて、ロッカーにはユニフォームの切れ端がありました。
    山田コーチは篤斗が忘れ物を取りに来たと話していますが、サッカー教室が雨で休みになったのに篤斗が夕方に忘れ物を取りに来るのでしょうか。
    こちらも伏線となっていそうです。
  • プロマキシ社長・橘のスマホに届いたもの
    どうやら橘は『週刊追求』に世間の注目を持って行かれたことに対して面白くない様子でした。
    そんな中、橘のスマホに何かが届きます。
    内容を確認した時の橘の様子があきらかにおかしかったです。
    今後何が届いていたのか判明するのではないでしょうか。
    伏線回収光莉からの「たすけて」というメッセージ
  • バタコさんのクレーム内容
    クレーマーのバタコさんこと木幡由美が、18日に隣のマンションで亀田運輸の配送員が荷物を運ぶ時の台車がゴロゴロとうるさいとクレームの電話を入れています。
    そして、配送スタッフ・望月が持ってきた篤斗だと思われる遺体らしきものが入っていた荷物の伝票には18日発送と書いてあったことから、同一の荷物だという伏線となるのかもしれません。
  • 不可解な伝票
    望月が持って来た伝票には不可解なところがいくつかありました。
    お届け先の住所は栃木県ですが電話番号は「045」の横浜市。
    伝票の右側の記入部分はほとんど空欄。
    凌介の電話番号は空欄。
    この伝票が何か意味するものがあるのかもしれません。
  • 望月の二宮瑞穂への表情
    望月が荷物を持ってきた時の二宮瑞穂への表情が気になりました。
    2人の間に何かあるのでしょうか。
    今後の2人の様子を表していたのかもしれません。
  • 赤い傘
    オープニングにも赤い傘が映っていたり、第1話でも傘がクローズアップされて映し出されています。
    この傘は真帆の傘だということが第2話で判明しました。
    今後も何らかを意味することとなるのかもしれません。
    伏線回収凌介がプレゼントした傘で、デザイナーのロゴが入った100本限定の傘
  • 凌介と瑞穂を尾行!?
    会社の屋上で話す凌介と瑞穂のことを誰かが見ていました。
    今後その正体がわかることでしょう。
  • 段ボール箱の遺体
    台車で運ばれてきた段ボール箱の遺体は篤斗ではなく、5年前に冷凍保存されたものだったことが判明!
    この少年の遺体についてはDNA鑑定しても誰なのかわからず、凌介家族と関わりがあるのでしょうか。
  • 瑞穂のカセットテープ
    瑞穂が屋上でカセットテープっを聴いていましたが、今時カセットテープというのが引っかかります。
    何を聴いているのか、カセットテープの内容も伏線となっているのかもしれません。
  • 夜中のチャイム
    凌介が帰宅し家にいると、家のチャイムが数回鳴らされますが玄関ドアを開けて確認しても誰もいませんでした。
    この人物は会社の屋上で話す凌介と瑞穂のことを見ていた人物なのか、また別の誰かなのでしょうか。
  • マイホーム建設中の土地に娘・光莉のローファー!?
    劇中の最後にマイホーム建設中の土地に光莉のローファーと思われるのもが埋まっていました!
    埋まっているのは光莉の遺体なのでしょうか!?
    伏線回収ローファーは光莉の物と判明!遺体はなかった
  • 公衆電話から電話
    マイホーム建設中の土地に「何か埋まっている」と林に公衆電話から電話を掛けたのは女性だということがわかりました。
    猫おばさんが見つけ、住愛ホームに電話をしたのだと思っていたのですが、今後誰が電話したのか正体がわかるのかもしれません。
  • 林の結婚相手
    林は凌介にマイホームの建設を中止にするように説得しますが、凌介は断固拒否します。
    林は上司から「このままだと縁談にもあっちにも影響が出る」と圧力を掛けられていたのです。
    第4話では「あっちのプロジェクトから外されかねない」とのことでした。
    林の結婚相手は誰なのか、あっちとは何なのか重要人物への伏線となっているのかもしれません。
    伏線回収林の縁談の相手は取引先の等々力建材の社長令嬢・等々力茉莉奈、住愛ホームと等々力建材との大プロジェクト
  • 『ピエールとライオン』
    一星が凌介と接触するためにメモを挟んで渡した小説です。
    光莉が好きだった小説のようで、なんらかの伏線となっている可能性が高そうです。
  • バタコさんからの「かがやきの土」
    瑞穂宛にバタコさんこと木幡由貴から「かがやきの土」が届きました。
    「力になれるかと思って」とのことです。
    何らかを意味しているのかもしれません。
  • 猫おばさんの「魔王」
    猫おばさんが凌介のマイホーム建設中の土地を見ながら「魔王」の歌を熱唱していました。
    度々出てくる猫おばさん。何らかの伏線になっているのは間違いなさそうです。
  • 真帆の指輪と光莉のスマホ
    真帆の指輪と光莉のスマホが発見されました!
    なぜ、あのようなところに落ちていたのか今後の展開へと繋がっていくのでしょう。
    第4話では、現場近くに女性のものだと思われる足跡が発見されました!
  • 真帆の生命保険への加入
    警察への匿名電話で、真帆が失踪直前に生命保険に加入していたことが判明!
    受取り人は凌介になっていました。
    この情報は誰が警察へ流したのでしょうか。
    伏線回収火災保険に入るついでに生命保険にも加入。受取人はお互い。炎上させたのは林と判明!
  • ぷろびんチャンネルへの情報提供者
    ぷろびんチャンネルへの冷凍遺体の情報提供者やTwitterに不倫現場などを流出している人は誰なのでしょうか!?
    黒パーカーを来た人物だと思われますが、今後この正体が明らかにされることでしょう。
    伏線回収ぷろびんチャンネルへの情報提供者は『アフロティータの下着』というアカウントの人物だと判明!
  • 山田コーチの様子
    凌介がサッカーボールのこと聞きに山田の元へ訪れた際に、過呼吸のような不自然な息遣いをして、直後に誰かに電話しています。
    この動揺の仕方と誰に電話をしていたのでしょうか!?
  • 本木陽香の嬉しいこと
    本木が「嬉しいことがあったんですー!」と話していましたが、聞いても答えてくれず周りはドン引きでした!
    本木の嬉しいことは何だったのでしょうか!?
  • 等々力茉莉奈
    林の婚約者・等々力茉莉奈は何を林に囁いたのでしょうか!?
  • 猫おばさん
    猫おばさんの飼っている猫が凌介のベランダに侵入していましたが、猫おばさんは凌介と同じ団地に住んでいるのでしょうか!?
    第5話では「あなたの脳にモヤがかかっている」と発言していますが、猫おばさんが毎回発言することは何らかの伏線となっていそうです。
  • 凌介の空気が読めないところ
    これまでにも凌介の空気が読めないところが度々登場していますが、第5話では真帆にも怒られていました。
    この凌介の性格が何らかの伏線となっているのかもしれません。
  • 充さん
    以前から、少しずつ登場している部屋に金魚鉢のある謎の女のところへ「充さん(みつる)」から電話が掛かってきます。
    ですが、謎の女はその電話にイライラしている様子。
    「充さん」というのは一体誰なのでしょうか!?
    伏線となっている可能性が高そうです!
    伏線回収凌介を尾行している謎の男が「中村充」だと判明!
  • 山田コーチの清明への圧
    山田コーチが元気のない清明へかなりの圧をかけているように感じました。
    この山田コーチの様子から篤斗のことと関係している伏線の可能性が高そうです!
  • 「10年前」
    謎の男が凌介と接触した際に、「10年以上前だと思うんですけど、どこかでお会いしませんでしたか?」と聞いています。
    10年前は光莉の小学校受験があった頃でしたが、ボスママに嫌がらせされて受験を断念しているとのことでした。
    「10年前」というのは何らかの伏線なのかもしれません!
  • 真帆からの「しし座流星群」の写真
    真帆から「しし座流星群」の写真が送られてきました。
    真帆が生きているということでしたが、本当に真帆が送ったものなのか犯人が送ったものの可能性もあります。
    この写真は真帆が生きていることを知らせるためだったのでしょうか!?
  • お酒『アブザン』
    オープニングで河村が飲んでいたお酒は「アブサン」というお酒で、「禁断の酒」とも呼ばれており、長い間飲み続けると中毒症状が出てしまうことから一時は販売禁止になった時期もありました。
    あえて、このお酒を起用しているのには何らかの伏線となっているのかもしれません!
  • 本木陽香は全て知っている!?
    本木陽香はフリマアプリのメッセージで、事件のことを全て知っているような感じでした。
    こういったメッセージを送っていることから、本木陽香は犯人ではないという伏線なのでしょうか!?

ドラマ『真犯人フラグ」の伏線についてまとめました!

今後も増えるであろう伏線や回収についても分かり次第、追記していきます!

真犯人フラグ真犯人は誰?

現時点でのドラマ『真犯人フラグ』の犯人ではないかと思われる、怪しい人物は誰なのでしょうか!?

相良凌介

怪しい人物1人目は相良凌介です!

凌介には二重人格説が飛び交っています!

また、凌介には文才があったということが分かっており、二重人格の裏の顔が小説家ではないかということです。

凌介の書いた小説のシナリオ通りに事件が起こっているのではないかと考察されています。

そして、小説家としての裏の顔を知っているのが本木陽香。

だから本木陽香は凌介のことを「先生~!」と言って近付いてきたのではないかということです。

相良真帆

怪しい人物2人目は相良真帆です!

真帆は金曜日のパートは本当は早番だったのに、遅番だと嘘をついていました!

なぜ嘘をついたのか、そこがキーポイントとなっていて犯人説が浮上しています。

また、被害者のようになっていますが、被害者だと決まったわけでもなく、1番犯人ではなさそうだからという理由で怪しい言われています。

二宮瑞穂

怪しい人物3人目は二宮瑞穂です!

ツイッター投票企画『#みんなの真犯人フラグ』第2回の怪しい人物1位にも選ばれました!

しっかり者の部下として凌介をサポートし、家族の失踪事件にも協力者となってくれますが、実は裏があるのではないかと考察されています。

また、真帆と同じく犯人でなさそうなのが真犯人実は近くにいる人が犯人だと言う声が多くあがっています!

橘一星

怪しい人物4人目はプロキシマ社長・橘一星です!

ツイッター投票企画『#みんなの真犯人フラグ』第2回の怪しい人物2位にも選ばれました!

まだ、凌介と橘との関係性はわかっていませんが、なぜか事件のことを何か知っているようです。

劇中では、記者に突撃取材されるている陵介の姿を橘が冷たい目で見つめるシーンがありました。

他にも、スマホを見て驚くようなシーンもあり、怪しいことから犯人説に浮上しています!

河村俊夫

怪しい人物5人目は『週刊追求』編集長・河村俊夫です!

凌介の家族失踪事件を記事にして公にしたり、あまりにも協力的なことから犯人説が浮上しています!

また、日野のバーに遅れて登場したり、篤斗を探しに行ったあとのサッカー教室を出た時に電話が掛かってくるタイミングなど怪しまれています。

凌介に嫉妬した河村が仕組んだことなのではないかと考察されています!

林洋一

怪しい人物6人目は住愛ホーム営業マン・林洋一です!

真帆との関係性を疑われています!

最初にあったマイホーム建設中の土地での家族写真でのやりとりが怪しく、真帆との不倫説が浮上しています!

また、ドラマ中盤では相良家の失踪事件のニュースを知りますが、相良家に憧れて結婚を決めたというわりには凌介に連絡を取ろうとしていませんでした。

なんとなく妙な行動が怪しいとされています!

菱田朋子

怪しい人物7人目は真帆のママ友・シングルマザーの菱田朋子です!

凌介との関係性、ママ友だと言うわりには凌介と話しをした後の凌介への不審な目が気になりました。

また、朋子の息子・清明が凌介の息子・篤斗にいじめられているのではないかと言われていることから、相良家への恨みや嫉妬などがあり、犯人説が浮上しています!

本木陽香

怪しい人物8人目は謎の女・本木陽香です!

陽香と凌介の関係性は判明していませんが、二重人格説のある凌介の裏の顔を知っている存在。

他にも、橘と繋がりがあること、もしかすると日野とも繋がりがあるのかもしれません。

また、陽香、橘、配送スタッフ・望月は同い年であることから何らかの繋がりがあるのではないかとも考察されています!

まとめ

以上、ドラマ『真犯人フラグ』考察まとめ!

伏線回収や真犯人は誰なのかを徹底検証してみました!

現時点で分かる範囲でまとめましたが伏線もありすぎてパニックです!

今後の進展も放送され次第、追記していきたいと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA