真犯人フラグ第4話考察!サッカーボールの数字の意味を調査!込められたメッセージが怖すぎる!

2021年11月7日にドラマ『真犯人フラグ』第4話が放送されました!

第4話の最後に、凌介の自宅に窓ガラスを割ってサッカーボールが蹴り込まれます!

そのサッカーボールには謎の数字が書かれていました!

サッカーボールの数字が意味していることは何なのか!?

今回は、蹴り込まれたサッカーボールの数字に込められたメッセージについて、調査してみました!

真犯人フラグ第四話考察!サッカーボールの数字の意味を調査!

サッカーボールに書かれていた数字の意味についてまとめました!

ドラマ『真犯人フラグ』第4話の終盤、帰宅した凌介のところに菱田ががめ煮を持って現れます。

なぜか相良家のキッチンを使い慣れている様子の菱田、そして真帆に教わったという椎茸多めのがめ煮を凌介に差し出します。

そのがめ煮を食べた凌介は、家族との時間を思い出し涙ながらに食べるのでした。

そんな家族との思い出に浸っていた束の間、菱田の怪しさが少しずつオープンになってきました!

菱田が凌介への対する思いが垣間見えた瞬間、何やら菱田の押し入れの中には見てはいけない物があることが判明!

それと同時に、凌介の自宅には窓ガラスを突き破ってサッカーボールが蹴り込まれます!

そのサッカーボールには、謎の文字が書かれていたのでした!

このサッカーボールに書かれている文字は数字のようにも見えますが、どんなメッセージが込められているのでしょうか!?

数字の『5』

パッと見ると数字の『2』に見えましたが、裏返すと『5』にも見えます!

数字の『5』で関係するものと言えば、5年前に冷凍されていたと言われている冷凍遺体です!

冷凍遺体の少年に関するメッセージが込められているのかもしれません。

数字の『6』

サッカーボールが亀田運輸のロゴマークである亀の甲羅を表わしていて、『6』を表わしているのではないかという意見もあります!

666はが獣の数字として『新約聖書』の『ヨハネの黙示録』に記述されていることもり、6月6日は悪魔の日とされていたり、『6』は悪魔の数字と言われています。

第5話では凌介が直接的に危険な目に遭うようなので、凌介の身に対して不吉なことのが始まると言ったメッセージが込められいるのかもしれません。

アルファベットの『N』

数字の『2』ではなく、アルファベットの『N』にも見えると言った意見がありました!

確かに『N』にも見えますね!

『N』が付くイニシャルが言えば、二宮瑞穂です!

犯人に繋がる伏線となっているのかもしれません。

住愛ホームのロゴマーク

数字やアルファベットでもなく、住愛ホームのロゴに似ていると言った声もありました!

確かに、似ていますよね!

ですが、住愛ホームのロゴを入れるメッセージ性がよくわかりません。

サッカーボールを蹴り入れた犯人はサッカー経験者であると予想され、サッカー教室のコーチ・山田かと思っていましたが、住愛ホーム・林もサッカー経験者でした!

住愛ホームのロゴマークだったとすると、林がサッカーボールを蹴り込んだ犯人だとというメッセージが込められているのでしょうか!?

ですが、林が犯人だとすると自分の会社のロゴマークをサッカーボールに書くのはあり得ないですよね。

林が犯人だと見せかけて、単なるミスリードなのかもしれません!

真犯人フラグ第四話考察!ネットの声は?

ドラマ『真犯人フラグ』第4話の考察についてネットの声をまとめました!

第4話については、菱田朋子に関する考察が多くあがっていました!

菱田は凌介に好意を持っているのか、真帆に嫉妬していたのか、相良家に執着する何かがあることは間違いなさそうです!

ですが、まだ第4話ということもあり菱田の黒幕説はミスリードの可能性は高いでしょう!

他にも、第4話では瑞穂や望月のさらなる怪しいところが見られました!

そして、冒頭には謎の包丁を研ぐ女が登場しましたが、こちらの人物はまだ本編には登場していない定食屋をしている橘一星の母・すみれではないかと考察されています!

『真犯人フラグ』の番宣ポスター左上にいる顔のわからない人物は、一星の母親・すみれなのかもしれません!

まとめ

以上、蹴り込まれたサッカーボールの数字に込められたメッセージについて調査しました!

サッカーボールのメッセージについて、いくつかの様々な予想がなされていました!

その中でも、凌介にこれから不吉なことが始まるというメッセージが込められている可能性が高いのではないかと思います!

第5話では凌介の命の危険も迫りそうです!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA